初めての方向けのFX投資の本では「損失が生じた場面ではナンピンすることで、ポジションの価格を小さくする事が出来る」などとアドバイスしていますが現実的にはそれにはかなりの危険がある。仕事 辞めたい アフィリエイト

とりあえず、ナンピンの手法に関してごく簡単に記述します。

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。

$(ドル)買いのため、円安ドル高に動くほど儲けが出るわけだが逆に1ドル=95円まで円高に推移したとします。

その場面で維持し続けたとしたらプラスになるためには損失分円安ドル高に動かなければなりません。

投資家であれば、損は可能な限り早く取り戻したい思うでしょう。

この状況を打破するためはじめに取引したのと同じ額のドルを95円で買います。

それで、平均の買い付けコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。

つまり、半分の幅でドル高に推移すればマイナスを回復できます。

それが、ナンピン買いの方法です。

こういうふうに、ナンピンのやり方を知ると、「ごもっとも」と思ったりするが為替はそう易々と上手くはいきません。

そもそも、95円が下値だということなど分かるわけがありません。

もしも、マーケットがかなりの円高傾向であれば1ドル=95円では収まることなくさらに一層円高ドル安にいくリスクがあります。

仮定として、97.50円でナンピンをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いをした分についても、損失が生じることになってしまうのである。

こういう状態では一番初めに取引したドルと合わさって損を被ることになる。

それほど、ナンピンは難しいです。

それでは、外国為替市場が自身のシナリオとは逆向きにすぐに行ってしまった場合どのような方法でリスクを管理すればいいのでしょうか。

選ぶべき道は2つだけあります。

まずはじめは潔く、損を確定する事です。

もうひとつは、その段階で、自分が持っているポジションを縮小することによって、改めて相場が回復するのをじっと待つことだけです。

だいぶ受動的な手段だとみる人もいます。

だが、ポジションに損が出た場合、一番妥当な手法はこれ以外にはあるはずがありません。

勿論、考え方としてはナンピン買いという手法も有効です。

だけどナンピン買いは自分が損をしている場面にもかかわらず、買いポジションを減少させるどころか反対にポジションを積んでいく方法です。

これでは、危機を管理することなどどう頑張っても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続ける事ができればやがては勝てるかもしれない。

けれども、そうなる前にお金は無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.nahdanetwork.org All Rights Reserved.